webinar register page

Webinar banner
緊急セミナー!中国個人情報保護法成立、11月1日施行までにすべきこと
【お申し込み多数につき参加枠追加!定員500名とさせていただきます】

中国個人情報保護法が8月20日、中国全国人民代表大会で可決され、11月1日に施行されることになりました。
これは、中国で施行される初めての包括的な個人情報保護に関する法律で、個人情報処理の適法化に関する要件、センシティブな個人情報処理に対する要件、オンラインでのマーケティングに代表される自動化した意思決定への同意の取得の要件や越境移転に対する標準契約条項締結の要求、データ・ポータビリティ権の導入等、GDPRと同等もしくはGDPR以上に厳格な規制要件が定められました。
設定された罰金の金額は5,000万元以下もしくは前年度の売上高の5%いずれか高い方です。業務許可の取り消し又は営業許可の取り消しとなる可能性があるため、中国で事業展開を行っている限り必ず準拠が必要です。

 中国ではこのところ個人情報保護への関心が急速に高まっています。個人情報保護法が施行される以前の今年3月には、CCTVが消費者デーの特集番組で個人情報保護を主要テーマとして取り上げました。
また、モバイル・アプリについての規制は既に実施されており、厳格に運用されています。実際にアプリの配信停止措置も数多く報告されているので、デジタル・マーケティングで一般的に行われるユーザーのプロファイリングやアルゴリズムを用いたレコメンデーションを行っている場合は、その適法化措置が必要です。

 このセミナーでは中国個人情報保護法の概要の他、日本企業が今注意すべきポイントは何か、個人情報保護法に関連した他の法律として抑えておくべき法律はなにか、そして、セキュリティ対策の基礎となる等級保護の取得を最も効率よく終えるための方法はなにか等きわめて実践的な内容をお伝えします。

 このセミナーに参加することで得られること:
・中国個人情報保護法の概要理解
・中国の個人情報関連法および関連規格についての知識
・中国のデータ関連四法の関係
・中国サイバーセキュリティ法で求められる等級保護の概要理解
・中国サイバーセキュリティ法の対策方法の理解

中国個人情報保護法に関連してご質問がありましたら、以下のフォームよりお寄せください。
https://forms.gle/8zA4cj9VUPDdeD6K7

Sep 2, 2021 12:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar is over, you cannot register now. If you have any questions, please contact Webinar host: Kent Ohwada.